バイアグラという名前を恐らく誰もが一度は聞いた事があると思います。実は世界初のED治療薬として、多くの人が頼りにしている薬なんです。

  • ホーム
  • バイアグラやバリフなどの特徴と湿疹が生じる副作用

バイアグラやバリフなどの特徴と湿疹が生じる副作用

バリフはレビトラのジェネリック医薬品です。
レビトラと言うのは日本の中でED治療薬として承認を得ている医薬品の一つで、ED治療薬には全世界でも有名なバイアグラのジェネリック医薬品やシアリスなどのED治療に使う事が出来る承認薬も在ります。
また、バリフは日本では未承認薬となりますが、個人輸入を行うお店で購入が出来るようになっており後発医薬品と言うことからもバリフは値段が安いと言うメリットが在りますし、後発医薬品は先発医薬品のレビトラと同等の作用を持つため、費用を節約してED治療を行いたい男性からの注目を集めています。
因みに、レビトラと言うのはED治療薬の中では水に溶けやすい性質が在り、短時間で作用すると言う特徴が在ります。
バイアグラなどの場合も空腹時に服用すれば30分ほどで作用する事になりますが、レビトラの場合は空腹時に服用すると水に溶けやすい事からも20分程で作用を期待することが出来ると言った特徴を持ちます。
そのため、バリフにおいても短時間で作用するなどの理由からも注目を集めているED治療薬の一つになるわけですが、副作用などについてもレビトラと同じような作用が生じる可能性が在ります。
副作用の中でも多くの男性に症状が現れるのが顔のほてりや目の充血、頭痛、動悸および鼻づまりなどであり、人によっては湿疹などの副作用が生じる事も在ります。
勃起不全は血圧を高める作用が在るため、副作用として湿疹が生じるケースも在ります。
そのため、気になる症状が起きた場合は使用を中止して専門医への相談をすることが大切です。
また、ED治療薬は治療を行っている病院で処方を受ける事が出来るため、検査を行うなどしてからバイアグラやバリフなどのジェネリック品を利用するのがお勧めです。

関連記事