バイアグラという名前を恐らく誰もが一度は聞いた事があると思います。実は世界初のED治療薬として、多くの人が頼りにしている薬なんです。

  • ホーム
  • バイアグラを使用した時の作用、皮膚疾患との関係は

バイアグラを使用した時の作用、皮膚疾患との関係は

バイアグラとは、ファイザー製薬が開発製造しているED治療薬です。
世界で初めて販売が開始されたED治療薬として知られ、日本だけでなく世界的に広く普及しています。
バイアグラにはホスホジエステラーゼ‐5という勃起をしずめる酵素の働きを阻害する効果があり、同時に海綿体の平滑筋を弛緩させたり、血行を促進することで海綿体へ流れ込む血流量を増加させます。
きちんと勃起するだけでなく、性行為に及ぶのに必要な硬度を得ることが可能です。
バイアグラは最初からED治療薬として開発されていたわけではなく、最初は狭心症などの心疾患を治療するための薬として開発が進められていました。
しかし臨床試験の最中に、勃起を促進する高い作用が認められたことで、ED治療薬としての製品化に至った薬です。
勃起しやすい状態を作り出し、海綿体に勃起に必要な血液を送り込み、それを維持させるための薬なので、バイアグラ自体に性的興奮や性欲増進を促す作用はありません。
たとえ薬を服用したとしても、性的刺激や興奮を感じない限り勃起はしません。
使い方は、性行為の約1時間前に服用します。
空腹である方が高い効果が現れるため、バイアグラを飲む時は食事を抜くかカロリーの低い軽食程度にとどめておきましょう。
少量ならばアルコールを摂取しても問題はありません。
副作用としては発疹や蕁麻疹、顔のむくみなどが生じる場合があり、多くの人が顔のほてりや鼻づまりを経験しています。
顔のほてりや鼻づまり、軽い頭痛は血流が良くなっている証拠なので、性行為に影響がない程度でしたら問題ありません。
バイアグラとなどのED治療薬を使用すると、皮膚疾患を発症するリスクが上昇する可能性があると言われていますが、未だ決定的な調査結果は出ていません。

関連記事